ハートビーツについて

  • HOME
  • ABOUT HEART BEATS

ヘッドコーチのごあいさつ

ヘッドコーチ 永田 睦子

2019年度シーズンに向けて

皆さん、昨年度もハートビーツに多大なるご支援をいただきありがとうございました。
この度、紀陽銀行ハートビーツのヘッドコーチに就任しました永田睦子です。
創部9年目を迎え、新たなチャレンジをしていくチームを指導させて頂くことに大きな責任を感じると同時に同じくらいワクワクしております。
3名の選手が引退し、今年度、新たに2名が加入しました。
昨年度とはまた違う、ハートビーツのカラーを出せたらと考えています。
それと共に地域の皆さんやバスケットボールをしている子どもたちとの交流も今までのように深めていきたいです。
今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

部長のごあいさつ

ハートビーツ集合写真

目的は『地域貢献』、目標は「日本一」~心に響く鼓動を、地域の皆様に感じてほしい~

紀陽銀行ハートビーツは、ボールひとつからそろえたチームですが、「やるからには日本一、優勝が狙えるチームになる。」との志をもって、選手たちは、毎日、職場での仕事を終えてから夜間の練習に励み、休日を利用しては試合に臨むなど努力をしてまいりました。
また、地域の小・中学生を対象としたクリニック開催などを通じて、地域のスポーツ振興のお役に立てるよう努めてまいり、1年間で約1,000人の小・中学生の方々とふれ合うことができました。
今後も「目指すは全国優勝」を合言葉として、強く、そして地域の皆様に愛されるチームを目指して選手、スタッフ一同、全力を尽くしてまいりますので、今後とも応援いただきますよう、お願い申しあげます。

ハートビーツの思い

ハートビーツ試合風景

「紀陽銀行ハートビーツが
 地域を元気にすることを願っています」

紀陽銀行では、地域への感謝の気持ちを忘れることなく、社会的責任と公共的使命を十分認識し、「地域金融機関として、地域の皆さまにもっと貢献したい。『銀行をこえる銀行へ』」それは銀行業務のみならず、様々な社会的活動を通じても貢献できると信じております。
紀陽銀行ハートビーツは「スポーツを通じて地域社会に貢献する」このことを心に刻み、これまで頑張ってきました。バスケットボールを通じて地域の皆さまに元気を発信していきたい。
スポーツの感動を地域の皆さまと分かち合いたいと思います。
チーム名『ハートビーツ』は「心(ハート)の鼓動(ビーツ)」を意味しています。応援してくれる皆さまを躍動感あるプレーで魅了し、心に響く鼓動を感じていただき、ともに歓喜を分かち合いたい。
是非一度、紀陽銀行ハートビーツを応援に試合会場に足を運んでください。
そして、゛KIYOブルー゛のユニホームを身にまとい、コートで躍動する我々、゛紀陽ファイブ゛の心の鼓動(ハートビーツ)を身近に感じていただき、元気になっていただきたいと願っております。

ハートビーツ